てんかんの原因ってなんですか?

テグレトールジェネリックのカルバトールの薬価

カルバトール

カルバトールはカルバマゼピンを主成分とする薬で、主にてんかんの発作を予防する抗てんかん薬として使用されています。
その他にも躁うつ病や三叉神経痛などの治療にも使われています。
てんかんの治療薬としては1960年代にテグレトールが販売されるようになり、それまで有効な治療法がなく、いつ起こるか分からない発作に怯えていた患者さんたちにとっては、服用を続けることで発作が起るリスクを軽減させられるようになりました。
しかしテグレトールは薬価がやや高額なのがネックと言われていました。
薬を飲み続けないといつ発作が起こるか分からないので、てんかんの患者さんたちにとっては経済的な負担となってしまっていました。
そこでこのテグレトールのジェネリックとしてインドの制約会社が製造、販売を行ったのがカルバトールです。
テグレトールと同じカルバマゼピンを主成分とする薬でありながら、より安価に購入できるため、多くのてんかん患者さんがカルバトールを選択するようになりました。
カルバトールはてんかん以外にも双極性障害や三叉神経痛の治療薬としても長い間使われてきました。
ジェネリック医薬品であるため用途や服用方法は先発薬のテグレトールとほぼ同じです。
効果を発揮する症状が発作性のものであったり精神的なものであったり、服用後すぐの症状が改善するというようなものではありません。
少なくとも数週間は飲み続けることで徐々に症状が和らいでいきます。
抗てんかん薬としてカルバトールを服用する際に注意しなければならないのは、突然服用をやめると反動で強い発作が起きたりする場合があるということです。
また軽い副作用としてめまいやふらつき、眠気などが起きる場合があります。
さらに重篤な副作用として血行障害や皮膚障害が起きることもあるので、医師の診断を受けた上で、指示に従った用法、用量を必ず守るようにしましょう。
カルバトールは病院での処方以外にもネット通販などでも購入できますが、その際も用法用量は医師と相談の上使用し、自分の判断で服用量を増やしたり服用をやめたりしないようにしましょう。

カルバトールは個人輸入代行業者から安く買える

ジェネリック医薬品であるカルバトールの薬価は、先発医薬品であるテグレトールよりも安い場合が多いです。
そのため病院でてんかんや躁うつ病などなどの治療を受けていて、薬局などの医療機関で薬を処方される場合はジェネリックを希望することで薬の値段が安くなることがあります。
インドの製薬会社が製造、販売を行っている海外医薬品であるカルバトールは、医療機関によっては取り扱っていない場合や、管理コストなどの理由から薬価が高めになってしまうこともあります。
今は医薬品も個人輸入代行業者を通した通販で購入できるので、そちらを利用した方が安く買える場合が多いです。
カルバトールに限らず個人輸入代行業者から通販で医薬品を購入する場合は、薬の品質がしっかりしているので、正規のルートで流通している薬なのかをしっかり確認しましょう。
中には成分の違う類似品を販売しているサイトや、正規品であっても杜撰な管理で品質の保証できなくなったものを裏ルートから入手して販売しているといったサイトがないとも言い切れないので注意が必要です。
安いからと言って怪しげなサイトで薬を購入してしまうと、恐ろしい副作用に悩まされる可能性も出てきます。
薬価の安さだけにとらわれず、信用できる個人輸入代行業者であるかをしっかりと精査した上で購入する通販サイトを決めましょう。
その際口コミなどを参考にして評価の高いところを選んだり、知り合いに医師や薬剤師などがいれば相談したりしてみるのもいいでしょう。
しっかりとした個人輸入代行業者を通して安くカルバトールを購入できた場合も、用法用量は自分で判断せずに医師の指示を仰ぐようにしましょう。
飲み続けることで効果を発揮するタイプの薬であるカルバトールは、ランニングコストの面で不安に感じる患者さんも多いですが、個人輸入代行業者を通した通販を利用することで、そうした不安を和らげることができます。

関連記事

おすすめ記事
ピックアップ記事
診断書

2017.12.3

てんかんは、狭義では統合失調症、うつ病と並び3大精神疾患のひとつと言われています。 原因は大脳ニューロンの過剰な発射によるもので、反復的な…

ページ上部へ戻る